« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

HKS スーパーハイブリッドフィルター

車用のエアフィルターを交換しました。
以前に交換してから、かれこれ1万5千Kほど走っているので、そろそろ交換時期です。

フィルターはHKS SUPER HYBRIDフィルターです。オートバックスのネットショッピングで2割引だったので早速注文。スーパーオートバックス横浜みなとみらいに取り寄せました。

入荷したとの事で、さっそく受け取りに行きましたが、普通に2割引で売ってました。 il||li _| ̄|○ il||li 取り寄せしなくてよかったみたいっす(^^;

P1000757 ローレルの場合、取り付けは非常に簡単で○印のフックを外して、入れ替えるだけです。3分の作業でした。


P1000761 取り外した純正品です。そこそこ汚れてますね。 交換するにはちょうどよかったかも知れません。



インプレ
ほとんど乗って無いので詳細は後日レポートしたいと思いますが、こころもち吹き上がりいいような気がします(笑) あくまでも『こころもち』です(笑) 200%プラシーボと思いますけどね(-.-;)y-~~~

前回のATFもそうですが、劇的な効果は見込めそうもありません(笑)
『心もちよくなったかな?』程度の自己満足でしょう(^^; 自己満足と言うより、気になりだすとずっと気になってる性格なんので、交換するとすっきりします(笑) 実際の効果より精神衛生上いいってことっすね(笑)

お勧め度は★★★(3つ星/5満点)です。(笑)

追加 ちょこっと乗ったインプレ
今日、ちょっと乗ってきました。まず、一番驚いたのがアイドリングが高い事。いつもなら始動直後は1000回転くらいで、しばらく経ってエンジンが暖まってくると650くらいに落ち着きます。ところが今日は始動直後が1500回転。こんなの見た事無かったですね。ちょっと驚きです。エンジンが暖まった後も1000回転くらい。その後ちょっと走ったら800~650あらりをうろうろしてます。EUCも戸惑っているん感じです(^^; 学習するまでもうしばらくかかりそうですね。これで燃費は良くなるのかな~ どうなんでしょうね?(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とりあえず挫折2 吸気系洗浄

本当に挫折するかもです(笑)

前回の失敗したので、今日別の方法で試してみました。
以前feb19さんにアドバイスしてもらった、『負圧チューブからの洗浄剤注入』です。

P1000722 まず、4番の負圧チューブを外します。潤滑油をちょっと付けてクイクイっと外してやると簡単に外れます。スロットルボディーの負圧チューブの口が中央(金色)で見えています。


P1000723NC-120のノズルの口を直接差し込んでみようと試みますが、負圧チューブの口は予想以上に小さいようで、ノズルが入りません。負圧チューブの太さから考えれば楽勝で入ると思ったんですけどね。。。( ̄ヘ ̄;)ウーン 困った。。。。。。。
 
Aa 入らないはずです。。。。なんちゅう肉厚!!  il||li _| ̄|○ il||li
よくよく考えれば負圧チューブって言うだけあって、負圧に負けてチューブが凹まない為にはこれぐらい必要なんですね。浅はかでした(-_-、)


P1000732 どうしようか考えてること10分。以前フルパワー化の時に外した負圧チューブがあった事を思い出して、4番に差してみました。そのチューブ先からNC-120のノズルを差し込んで噴射する。!!
 さすが俺って完璧だ!!と思い、


P1000731
早速実行!!!
ふんがー( ̄□ ̄;)!!
洗浄液が逆流飛び散りました  il||li _| ̄|○ il||li

見てみると負圧チューブとノズルの系が違いすぎるんですね。ズボズボです。。。。。。俺ってダメダメじゃん。。。

ただ、試した感じでではチューブのサイズが合ったとしても、NC-120の噴射の勢いと負圧チューブの穴の大きさを考えるとそのルートからの噴射は難しそうです。

ここまでやったところで日没、サスペンドゲームになってしまいました。いろいろ試してみてるんですが、なかなかうまくいかないですね~(笑)
心の中でだんだん『2万も走ってないのにそんなの必要ないんじゃね~か』『もう何回ツーリング日和逃した??』と 悪魔がささやきはじめてます。(笑) 

ここまでやったんだからもうちょっとだけ粘ってみよう。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ATFフラッシング

愛車のローレルもすでに6年落ちで50,000K走行しています。
半年ほど前からあれやこれやと手を入れているのですが、
かねてから計画していた「ATFフラッシング+ATFフルード交換」を本日行ってきました。
ATFも「2年ないし、20,000K」での交換を推奨されてるよですが、今まで循環式で1回交換しただけでした。循環式だと1割、2割しか交換されないようですね。

循環式を何度もやっても大して交換できてないし、何度も繰り返す費用もバカになりません。そこで
P1000716 FAIRLADY Z PRO SHOP Zoneで行っている、ATFフラッシングをお願いしました。これは、フラッシング+フルード全交換にります。
 
 

P1000703 施工はこんな感じです。フラッシングオイルで1時間じっくりフラッシングした後に、専用の圧送式マシンで全ATFフルードを交換します。うーん なんかシステムぽくっていいです。結構 『マシン』系に弱かったりします。いかにも 綺麗に入れ替えしま~す っぽいです(笑)

P1000701 施工時間は約1時間半ほどでした。

インプレですが、 帰り30Kほど乗ってみましたが渋滞でほとんど変わり感じませんでした。もうちょっとスムーズに乗ってみないとわからないでしょうかね。

ただ、以前から気にはなってて、放置してたので、施工した事で気持ちはリフレッシュできました(^^ゞ 気持ちよくなっただけでも 良し としときます。

来月にはエアフィルターとアーシング+コンデンサを計画してます。
気になってるのはこれなんですけど、怪しさ200%って気もしてます(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とりあえず挫折 吸気系洗浄

NUTECのNC-120で吸気系の洗浄を今日試みてましたが、失敗。
まずリアのエアクリを後方にずらし、フロントのエアクリカバーを外して、ファンネル(フルパワーで交換するファンネル)むき出しにして、そこからシューってする予定でした。
で、試みましたがリアのエアクリ外すにはリアフェンダ外す必要があって、サービスマニュアル見ながら、あっち外しこっちは外し。

そこそこ外れた段階で、ずぼらしてリアのエアクリを後ろに押してみたら おお!! 「ずる」とちょっと動きました。 そこからが大変でした(-_-、)
フロントのエアクリとリアのジョイント部分が変な形でずれてしまって、にっちもさっちも状態に。。。(-_-、)

しょうがないのでリアファンダを外しにかかるもこれも、どっかがずれたのか何なのかニッチもさっちもいかず( ̄□ ̄;)!! いろいろ試行錯誤する事2時間。。。。ダメだ il||li _| ̄|○ il||li

恥を忍んでバイクやへ直行っす・・・ なんとか元通りになりました(^。^;)
バイク屋のにーちゃんいわく「スロットルボディー外さないとフロントのエアクリは外れませんよ。
おおごとっすよ」ですって(-_-;)

ちゅうことで、一時中断します。
ただ、負圧チューブ外すのは「単に外せばいいっすよ」って事だったので負圧チューブを1つずつ外して、1気筒ずつ洗浄 を試みてたいと思います。

勉強になった1日でした(^^ゞ あっ 写真撮るの忘れてる(-_-;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アーシングの効果??

最初の車検の頃から『バッテリーも消耗品だからそろそろだよな~』と思いつつ、この度、めでたく2回目の車検を無事迎える事が出来ました(-.-;)y-~~~
年間約4000K。ほとんど週末に乗るだけで、2~3週間エンジン掛けないこともザラあって補充電も1回もしたことがありません。なのにライト類の揺らぎも無く、セルも未だに1発始動です。

P1000673_3 『おいおいまじかよ』と思いながらちょっと電圧を測ってみました。電圧は大丈夫っぽいですね。。本当は、比重測ってみないとなんとも言えないんでしょうけど、なんとなく元気っぽいです。(^^;12Vちょいありますね。。

電装系では、ETCを昨年付けた事。逆にHISSの点滅は切ってあります。
これで+-0かな~なんて思うのですが、1年ほど前にアーシングを施工しました。これが効いてるのか効いてないのは解らないです。がが、現実にバッテリーは生きてるし。。。効いてるのかな。。。

冬に向けて充電器買う気まんまん!! でしたが、もう4年もののバッテリー。充電器買って補充電するより新しいバッテリー買うのが筋ですね。(^^;

やばいやばいとは思うんですが、『持つところまで引っ張るか。。。。』と悪魔がささやいてます(^^;
『今までありがとーー(-_-、) そして のたれ死ぬまでがんばって!!(-.-;)y-~~~』と。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ETC

こんな感じでつけてます。
P1000691 センサーはメーターの間ですね。

SFは角度的に良くない って話もたまに聞きますが、私の場合、ビキニカウルも付けてますが、今まで特に問題はないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メッツラー SPORTEC M3 インプレ

もう随分前からメッツラー SPORTEC M3にタイヤ交換しています。
純正 → M3 → M3と交換して、2セット目を交換してから2000Kほどです。

メッツラーはピレリの子会社のようですが、同じものを別ブランドで売っている訳ではなく、独自に企画・販売を行っています。ある程度の共有はあるにしても、コンセプトなど別物ですね。買収される以前の方向性を続けているようです。

インプレ

あまり意識して乗ったことは無かったのですが、この間、箱根プチツーのときにタイヤを意識して乗ってみました。
まず、コーナでの安定性があります。私の場合、コーナでうまくラインがとれず、ギクシャクしてしまうことも多々あるのですが、それでもタイヤ自体は路面に吸い付いて微動だにしていない印象です。(上で自分だけあたふたしてますが(^^;;)
たまにうまくラインが取れると、本当、ピッタ!! って張り付いてる感じですね。安定性があります。
コーナ入り口での倒しこみも、Fブレーを掛けて、戻してやると、”すわっ”と倒れこみます。私の場合、びびりなのでコーナリングスピードが足りない関係で若干内側のラインを通りますね(^^;;
これはCBの特性なんでしょうけど、立ち上がりは”すー”と立ち上がります。気持ち早めにアクセル開けてもタイヤが我慢しながら付いてくる感じですね。

うーん いいっす。 意識して乗ってませんでしたけど、意識してみるといろいろ感じるもんですね^^;
P1000671 リアタイヤがこんか感じです。きっちり端のぞうさんは無傷です。(-.-;)y-~~~ 動物愛護の観点からずっと残しておくつもりです。(-.-;)y-~~~

   

P1000672 フロントです。こっちもぞうさんは元気ですね(^^;
フロントこそ消えるはおろか、路面に触れることもないとおもいます。(笑)


P1000670 リアのパターンです。パイロットパワーにちょっと似てますね。
発売時期がこっちのほうが後なので、ぱくったとかぱくらなかったとか。。うわさは耐えません。(笑) 自分的には結構気に入ってます。^^

自分の腕との兼ね合いでは、完全なオーバスペックですが、『安全マージン』と言う考え方かたらは、ちょうどいい感じです。 タイヤが身を削っていろいろカバーしてくれたら大枚払った甲斐もあります^^;;

最後にライフですが、前回のM3は9000キロ持ちました。まだ溝は結構有ったので1万キロ行けてたと思います。個人差もあるでしょうが、コストパフォーマンスは良い方じゃないでしょうか。
大量仕入れの在庫調整かどうか解らないのですが、最近、某イコランド系で大安売りしてます。夏のセールでは3割引きだか4割引きだかで、120,180のセットで3万切ってました。 その辺りで買えればお買い得だとおもいます。
お勧め度は★★★★(4つ星/5満点)です。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

調査 吸気系洗浄

吸気系洗浄を何処からやればいいのか ちょっと調査してみました。

P1000683 サービスマニュアル見ながらおっかなびっくりで、タンクを持ち上げます。



P1000687 これが右前から撮ったスロットルセンサーの上部です。右上隅にバキュームチューブが4→1にジョイントされているのが見えます。
右下の黒いめくら蓋が、TSRファンネルを装着時にめくら蓋をつけた3番スロットです。
○で囲んだのが負圧調整バルブかな?????
なるほど、なるほど ふむふむ ふむふむ・・・と思いながら、調査開始。

まずバキュームホースをスロットルセンサーから外してみようとこころみました。ががががが、、、
さすがに4年もの。。。あまり引っ張るとチューブに亀裂が入りそうで途中で断念。 il||li _| ̄|○ il||li バキュームホースを外すのは難しそうです。それならば、逆に4→1の1側からの噴射!!とも考えましたが、噴射がむらになりそうでこれもダメ。当然ですが、なかなか効率的で簡単な方法は無いようです。(^^;

結局は
リアのエアクリBoxからエアクリを外して、Boxの中にNC-120を突っ込んで噴射するのが一番無難?? なんですかね。。。。
週末まで、ちょっと考えますが、多分この方法でやると思います。 技術と知識がないとなかなかっすね(^^; まっ勉強っす^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エアクリーナー 洗浄

吸気系の洗浄を計画しているので、つでにエアクリを洗浄しました。

エアクリはPipercross(ハイパークロス)に交換しています。

P1000669_3 交換の決め手は、ぬるま湯で洗うことで何度でも使用する事が可能と言う、ずぼらな私にぴったりのコンセプト(半永久的に使えるとか。。使えないとか(-"-;))と、これだけでなんと馬力UPした車輌もあるとかないとか(笑)これまた馬力至上主義の私の心にガンガン響くコピーでした(笑)

インプレですが、確かに純正に比べて吹けあがりは良くなったと思います。ただこれも、『感覚的に』ってくらいで、プラシーボ効果の範疇かもしれません。
実際100馬力でももてあましてる現状なので必要ないと思いますが、なんせ馬力至上主義ジェネレーションなもんで(-.-;)y-~~~

悪い点は、純正交換タイプなので形状が純正と同じです。
揉み洗おうとしても、筒状の内側まで十分手が入らず洗浄に苦労します。
これはPipercrossが悪いわけではなく、私の手の大きさが悪いんでしょう(笑)

それと洗浄後、乾燥するまでに、結構時間が掛かります
網の目の細かさが原因だと思いますが、ものすごい保水性ですね。
室内だと平気で1週間くらいかかりますよ(笑)
保水性=通気性と思って納得はしてますけど。

値段もそう高くはないのでお勧め度は★★★(3つ星/5満点)です。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

箱根 プチ半日ツー

昨日、天気も良かったので有給を取って箱根プチ半日ツーに行ってきました。ルートは
自宅 → 東名横浜町田IC → 小田原厚木道路 → 箱根ターンパイク(大観山) →伊豆スカイライン入り口 → 芦ノ湖スカイライン → 箱根スカイライン →東名御殿場IC → 東名横浜町田IC → 自宅 でした。

10時出発の14時帰宅のプチツーです。
お天気も良かったのですが、さすがに平日だけあって、車も少なく快適でした^^

P1000653 箱根ターンパイク入り口です。
ちょっと前から『トーヨータイヤターンパイク』に名前変わったんですよね。
いまいちしっくりきません(^^;

どんどこターンパイクを登ります。

P1000654_2 大観山からの富士山です。
お天気はよかったですが、雲がちょっと多くて残念でしたが、雲の間から頂上が見えたので、これも富士の趣きってことでOKでしょ^^

大観山を出発~ 芦ノ湖スカイラインを目指したはずが。。。
なぜか。。。

P1000657_3

伊豆スカイラインの入り口です。(^^;;
芦ノ湖スカイラインを目指したつもりがなぜか伊豆スカに(^^;
入り口で記念撮影して即Uターンっす。

今度こそ目指すは芦ノ湖スカイライン!!

P1000659 どうにか到着です。芦ノ湖スカイラインの入り口です。うーん^^ お天気も良くて空気も良くて、o(^-^)o ワクワクッしながら突入です^^
富士山もちょこっと顔を出してます^^

箱根スカイラインへ

P1000664 箱根スカイラインの入り口です。
記念写真をパチリ。
箱根スカイラインはちょっと短かったかな。でもいい道でした。

さー楽しかった^^ 安全運転で帰りましょ~♪

今回初めて、一人で箱根半日ツーに行ってきましたが、やはり箱根は楽しいですね^^
7Rさんみたいにぐりぐりは攻めたりは出来ないですが、箱根には人それぞれ、それなりの楽しみ方があるようです。^^
ちょっと時間の空いたときにでもみんさんもどうですか? 私も安全に楽しんで行きたいとおもいます。^^ 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

CB1300 サービスマニュアル購入

サービスマニュアルを購入しました。
P1000646 ヤフオクで10,600円+送料(160円)でした。
中身をぺらぺらめくってみたら、さすがにサービスマニュアルですね。
内容細かいですね。
もっと早くに買っておけば、いろいろ便利だったな~と遅まきならが反省です(^^ゞ
CBに3年以上乗るなら必須(多分元は取れる) って感じです。

で、以前記事にしたNUTEC NC-120で吸気系クリーンですが、クリーナを入手しました。
P1000647 サービスマニュアルをつらつら見ると、フロント、リアのエアクリBox外して直接スロットルボディーのファンネルに順番にやっていくのが一番いいのかな?なんて思いますが、エアクリ外すの難易度しだいですけどね(^^ゞ

面倒くさかったら、エアクリだけ外してエアクリBox内からやっちゃいますけど、なまじマニュアル見ちゃったもんだから、『エアクリBox内からって効率的じゃねーな』ってわかっちゃうのがつらいところです。(^^ゞ
知らぬが仏か。。。・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

今週末にでも決行予定です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

インジェクションカバー メッキ加工

スイングアームもバフ掛けしたので、ついでにインジェクションカバーもメッキ加工してみました。
金属じゃないので、真空蒸着メッキです。本当はクロムメッキにしたかったんですけどね(^^;
技を使えばクロムメッキでも出来なくはないらしいですが¥が張るらしい(倍以上)ので真空蒸着メッキで妥協です。しかしこれが後々裏目に。。。

東京の業者さんに加工に出して2週間ほどで戻ってきました。
仕上がりは、まあまあいい感じですかね。真空蒸着メッキならこんなもんでしょ。 って感じでした。。ここまでは満足満足^^

ががががが、、、、、、、
とんだ失敗をil||li _|  ̄ | ○ il||li

表面保護の為に、保護剤を塗ろうと思って呉工業のシールコートをスプレーしたのですが、

ふんがぁーーーー( ̄□ ̄;)!!

Dsc01610
銀紙張ったか、”銀”色を塗装したようになってしまいました。
どうも表面が変化してしまったようですね。。
まあ、その分長持ちはするんでしょうが、ショックでした(-_-、)

今日の教訓
『今日に失敗は明日の成功 失敗を糧にこつこつがんばろう!! と思う心が大事大事』
(´-`).。o0O○(と思わあにゃやっとれんわ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »