« とりあえず挫折 吸気系洗浄 | トップページ | とりあえず挫折2 吸気系洗浄 »

ATFフラッシング

愛車のローレルもすでに6年落ちで50,000K走行しています。
半年ほど前からあれやこれやと手を入れているのですが、
かねてから計画していた「ATFフラッシング+ATFフルード交換」を本日行ってきました。
ATFも「2年ないし、20,000K」での交換を推奨されてるよですが、今まで循環式で1回交換しただけでした。循環式だと1割、2割しか交換されないようですね。

循環式を何度もやっても大して交換できてないし、何度も繰り返す費用もバカになりません。そこで
P1000716 FAIRLADY Z PRO SHOP Zoneで行っている、ATFフラッシングをお願いしました。これは、フラッシング+フルード全交換にります。
 
 

P1000703 施工はこんな感じです。フラッシングオイルで1時間じっくりフラッシングした後に、専用の圧送式マシンで全ATFフルードを交換します。うーん なんかシステムぽくっていいです。結構 『マシン』系に弱かったりします。いかにも 綺麗に入れ替えしま~す っぽいです(笑)

P1000701 施工時間は約1時間半ほどでした。

インプレですが、 帰り30Kほど乗ってみましたが渋滞でほとんど変わり感じませんでした。もうちょっとスムーズに乗ってみないとわからないでしょうかね。

ただ、以前から気にはなってて、放置してたので、施工した事で気持ちはリフレッシュできました(^^ゞ 気持ちよくなっただけでも 良し としときます。

来月にはエアフィルターとアーシング+コンデンサを計画してます。
気になってるのはこれなんですけど、怪しさ200%って気もしてます(笑)

|

« とりあえず挫折 吸気系洗浄 | トップページ | とりあえず挫折2 吸気系洗浄 »

車関係」カテゴリの記事

コメント

私も車のATFはどうしようかなぁ~ と悩んでいます。といっても乗っている車がコンパクトカーなので『まぁいいっかぁ!』と思って先送り中。自分で車検を上げた後に、クーラント(冷却水)とブレーキフルードは交換しました。

ATFオイルはディーラーでもあまり交換したがらないところですね。症状が出るまで換えなくてもいいという考えもあるようです。

アーシングは10年ぐらい経過してフレームが痛んでこないと効果が出にくいもののようです。15年ぐらい経過している旧車には効果が出ます。また、バッテリーのところにしょぼいコンデンサーを着けても効果などありません。ECU内の電解コンデンサーを交換した方がよほど効果を期待できます。

アーシングケーブル(電力線)にノイズフィルターを付けても効果などありません。家庭用TVの電力コンセントにノイズフィルターがついています?

投稿: feb19 | 2007年11月25日 (日) 11時32分

>feb19さん
ATFは一生替えない車もあるくらいなんで、『替えなくても、いいちゃいい』ってよく言われますけど、やっぱフルードは劣化しますもんね。
気になりだしたら、替えるまで気になりますから(笑)

コンデンサは効果ないっすか。そうっすよね。
電気系がからっきしなもんで、いいインプレ見つけるとやってみたくなっちゃいます(^^ゞ

とりあえずアーシングだけにしときますかね~ 
アーシングする前に、補充電しろ!! って言われそうですけど(^^ゞ

投稿: しん | 2007年11月25日 (日) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485000/9096808

この記事へのトラックバック一覧です: ATFフラッシング:

« とりあえず挫折 吸気系洗浄 | トップページ | とりあえず挫折2 吸気系洗浄 »