« 充電器購入 オプティメートⅢ | トップページ | 異音の原因 »

吸気系洗浄 NC-120

先日挫折しかかった、吸気系の洗浄をやってみました。

今回の作戦は、NC-120のノズルにチューブを繋いでエアクリBOXからファンネルに1つづつ噴射するというものです。

今回の方法だと、どうしても一人じゃ出来ないので、友人に来てもらって二人で施工です。

P1000863_2こんなの作ってみました。ブレーキフルード交換用のチューブを接続してみようかな? と思ったのですが、ノズルと径が違いすぎるので、内径3mmのチューブを用意しました。
噴射時には、チューブを途中でカットして、半分くらいの長さにして「ブシュー」と噴射です。

P1000698_3 エアクリBOXです。ここから左手を突っ込んで噴射です。友人に回転数を見ながらアクセルコントロールしてもらいながら順に噴射していきます。
2,3番のファンネルは丁度突き当たりにあって、噴射しやすかったのですが、1,4番は狭くなっててちょっとてこずりました。
回転数の落ち込みとマフラーからの煙を確認しながら、大体の位置を勘で探りながらの噴射です。(^^ゞ 多分大丈夫だったと思います(^^ゞ

噴射したらきっと、黒い(or白)煙がもくもくなんだろうーなー なんて思いながら噴射したんですが、これが普段よりちょっと濃い目の煙が出てだけでした(笑)
案外汚れてなかったのかもしれませんね。 それと言うのもついでの友人のマジェに噴射してみたのですが、これが、黒煙が出る出る(笑) 当人もちょっと愕然としてました(笑)

インプレ
で、インプレのほうですが、走りではあまり変わりは感じられません。気持ち「スムーズか??」とプラシーボで思う程度で基本同じです。(笑)
ただアイドリングが100回転ほどあがりました。これはよかったのか悪かったのかわかりませんが「きっと、汚れが取れてスムーズになったんだ!!」と思うようにしてます。
後、アイドリング時の回転のムラが少なくなりましたね。まだ50Kくらいしか走ってないのでたまたまかもしれませんね(^^ゞ、今後チェックチェックです。

とりあえず、懸案事項が片付いて、ホっとしてます。(^^ゞ

次は負圧調整に挑戦です。4連バキューム買わなきゃだわ(^^ゞ

P1000867_2 都内某所です。 人気のない、道端で施工しました。(^^ゞ

 

お勧め度はハイオク入れてる人は★(1つ星/5満点)です。
レギュラーの人は★★★★(4つ星/5満点)です。
(友人調べ(笑))

|

« 充電器購入 オプティメートⅢ | トップページ | 異音の原因 »

メンテ」カテゴリの記事

コメント

洗浄作業が無事に終わって良かったですね。
エキパイ内部やサイレンサーを見るとそれなりにカーボンが付着しているので、そこそこ汚れているものなんだと思います。
お疲れ様でした。

投稿: feb19 | 2007年12月17日 (月) 01時11分

洗浄剤を使った清掃をやったんですネ。
インジェクションの場合はエンジンの燃焼室の直前まで空気のみの吸引ですから、
スロットルボディはそんなには汚れてなかったんでしょうネ。
私もガソリン洗浄剤買って入れようかなぁ・・・(*^。^*)

投稿: だっくす | 2007年12月17日 (月) 22時55分

>feb19さん
やっとこ懸案だった、洗浄が終わりました。
手探り作業だったのでうまくいってるかどうかわかりませんが、アドバイスいろいろありがとうございました。
今度は負圧に挑戦してみます。(^^ゞ

>だっくすさん
あんまり汚れてなかったみたいっす。
一応やる前に、ガソリン添加剤を入れて300Kほど走りました。そのほうが取れやすくなるかと思って(笑)
ためしてみてください^^

投稿: しん | 2007年12月18日 (火) 01時08分

身近なところに協力してもらえる方がいて良いですね。
知り合いや、職場の同僚には同じ趣味の人が居ればと思うことが多々あります。
ところで、洗浄でアイドリングアップとは効果絶大ということでは?

投稿: paku | 2007年12月19日 (水) 21時25分

>pakuさん
アイドリングが上がったのはやっぱそうなんですかね~ 吸気系がきれいになって吸入が増えたんで上がった そう思う事にしておきます。(^^ゞ

投稿: しん | 2007年12月21日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/485000/9432860

この記事へのトラックバック一覧です: 吸気系洗浄 NC-120:

« 充電器購入 オプティメートⅢ | トップページ | 異音の原因 »